敏感肌に良い化粧水ランキング | 赤み・かゆみが出にくいスキンケアおすすめコスメは?

MENU
サイトマップ

「2014年」の記事一覧

「2014年」の記事一覧

 

 

保湿目的のシートパックを正しく使う方法は?

普段頑張っている肌にごほうびとしてシートパックを使用しますね。特別なケアとして使用している人が多いかと思いますが、使用方法を守っていますか?パッケージの裏面などに記載されている時間を守らず、勿体ないから…と延長して使っていませんか?実は、これは肌を乾燥させてしまう原因となっているのです。必要以上に水分を与えてしまうと、吸収できなかった水分は蒸発します。この蒸発するときに、必要な水分まで一緒に連れて行ってしまうのです。また、潤いを保つために必要な皮脂までなくなってしまうので、乾燥がひどくなります。空気中に水分を奪われるだけでなく、乾燥したシート自体も水分を求め肌から奪っていきます。

 

 

 

保湿にはコットンを活用すると良い?

美容番組やテレビCMを見ていると、コットンを使っていますね。自分でケアするとなると、コットンを使用するのは面倒に感じたりすることもあると思います。しかし専門家が使用するには、必ず理由があるのです。手のひらで化粧水を浸透させるのとコットンで化粧水を浸透させるのには違いがあります。手のひらだと均等に化粧水が行き渡りませんが、コットンだと顔全体にまんべんなく浸透させることができます。各部位に必要な化粧水を与えることができるので、手のひらよりも効果を感じられることでしょう。コットンに化粧水が残ってしまうのがなんだか勿体ないな…と悩んでしまうこともあるでしょう。しかし必要以上に肌に化粧水をつけると、余分な分が蒸発するときに必要な水分まで一緒に連れて行ってしまい、結果的に乾燥してしまいます。テレビCMなども参考にしてみると良いかもしれません。

 

 

 

首は顔よりも年齢を表すのでしっかり保湿するのが大事

「首は年齢を示す」と見聞きしたことはありませんか?その言葉の通り、顔にどれだけお金や時間を費やしケアをしていても、首のお手入れを疎かにしていると最悪の場合には年齢以上の印象を取られてしまうことも考えられます。この首のしわの原因となるのは、年齢に伴う筋肉の衰えや紫外線、コラーゲン不足など様々です。年齢を重ねるにつれ筋肉が重力に抗えなくなるのは仕方ないことですが、ケアを続けることによってその進行をゆっくりとさせることは可能です。また、枕の高さや日々の姿勢なども関係しているようです。筋肉の衰えを考えたスキンケアをしたいところです。

 

「2014年」月間記事一覧ページ

「2014年」の記事一覧

「2014年」おすすめ記事リンク集

「2014年」の記事一覧

 

敏感肌 化粧水


敏感肌に良い化粧水ランキング | 赤み・かゆみが出にくいスキンケアおすすめコスメは?

敏感肌に良い化粧水ランキング | 赤み・かゆみが出にくいスキンケアおすすめコスメは?

敏感肌の解消に向けて普段のスキンケアなどお手入れ方法やまた肌に栄養を送る食事なども大切になってきますが、スキンケアに必要なコスメの中でも化粧水などをしっかり活用していくのが大事になってきますよね。敏感肌でも洗顔後は乾燥したり突っ張ったりしやすいので、化粧水を使用した後にも肌に色々起きやすかったりします。敏感肌のスキンケアで大事なのは保湿ですが、化粧水を使用した後に赤みや肌のかゆみなどが出た場合には、中々保湿も行いにくくなります。ですので、敏感肌に必要なお手入れ方法を始めとした食事などもうまく加えて肌に変化が少ない様に化粧水でケアしていくのが大事になってきます。敏感肌に良い化粧水ランキングでは低刺激なコスメのラインが多くなっていますが、セラミドなどがしっかり配合されている上質なコスメも増えてきています。敏感肌の化粧水では赤みや肌のかゆみ等が出にくいのを選んでいくのも大事ですが、敏感肌の場合にはエイジングサインも出やすいので、しっかりエイジングケアできるタイプのコスメでスキンケアしていくのが大事です。色々敏感肌でエイジングサインが出るとスキンケアも面倒になりやすいので、日々の保湿を大事にすることが重要かもですね。





「2014年」の記事一覧 リンク集

「2014年」の記事一覧に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 |